So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ベルクリンシステムの種類 [ベルクリンシステムとは?]

『ベルクリンシステム』には、用途に合わせてお選び頂けるよう、現在2種類の仕様がございます。

『ベルクリンシステム噴霧タイプ』
こちらは、ベルト表面にベルクリン液を装置を使って、均一に噴霧させます。
ベルクリン液の補充だけで、半永久的に効果を持続していくタイプです。
装置に電源・エアが必要となり、初期取付費用が高価になります。

『ベルクリンシステムコートタイプ』
こちらは、ベルクリン液を含浸させたベルクリンコート(専用ウレタン)をコンベアに密着させ、コーティングしていくものです。
初期取付費用は安価となりますが、コンベアの稼働時間にもよりますが、約半年ごとにベルクリンコートの交換が必要になります。

お客様の用途に合わせてご提案させて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせを。

会社名:株式会社ダイシン
所在地:大阪市中央区南新町1-1-6
TEL:06-6942-7880
FAX:06-6942-7881
mail:daishin-mail@dc5.so-net.ne.jp
※@を半角に変更して下さい。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ベルトコンベアをお使いの企業様にご提案! [ベルクリンシステムとは?]

ベルトコンベアの搬送物付着にお困りでは有りませんか?

ベルトコンベアは使用していると、搬送物がどんど付着して行きます。
付着を取り除くために、一般的にベルトクリーナ(スクレーパー)と呼ばれる装置が付いています。
ベルトに付着した搬送物は、クリーナ(スクレーパー)によって、掻き落とされ、次のラインに搬送されて行きますが、日に日に付着物がベルトにこびり付いてきます。

クリーナ(スクレーパー)を交換すれば、良くなりますが、結局またこびり付きが生じます。
これは、クリーナ(スクレーパー)の摩耗によるものなので、恒久的に防ぐ手段が有りませんでした。

しかし、『ベルクリンシステム』を使用すると、付着物が驚くほど軽減されるのです。
信じられないようなお話ですがホントの話です。
『ベルクリンシステム』は、こびりついた付着物をどう除去するのではなく問題の原点に戻り、搬送物がベルトに付着しにくいようにするには???との考え方から生まれた画期的なシステムです。

その『ベルクリンシステム』とはどういうものなのかのご説明は下記をご覧ください。


『ベルクリンシステム』とは、①

『ベルクリンシステム』とは、②

『ベルクリンシステム』とは、③

『ベルクリンシステム』とは、④


読んで頂ければ良さが判って頂けると思います。

ご質問等どしどしお待ちしております。

お問い合わせはこちら

株式会社ダイシン
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

季節は進み梅雨となりました。『ベルクリンシステム』のダイシンです。 [ベルクリンシステムとは?]

ご無沙汰しております。
如何お過ごしでしょうか。

季節も早や、梅雨となり、鬱陶しい時期となりました。
コンベア周辺でのお仕事も大変な季節が参りました。

暑くても寒くても厳しいですよね。

そんな企業様に是非使って頂きたいと思っております。

ベルトコンベアをお使いの企業様 『ベルクリンシステム』は必ずお役に立てます。
搬送物付着落下の画期的対策です。

●搬送効率の向上
●維持管理コストの削減
●環境の改善
おまかせ下さい。

清掃作業がほんと楽になります。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社ダイシン
大阪市中央区南新町1-1-6
TEL:06-6942-7880
FAX:06-6974-7881
Mail:daishin-mail@dc5.so-net.ne.jp
@を半角に変更して下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

本年も宜しくお願い致します。 [会社の概要]

新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。

ベルトコンベアをお使いの企業様 『ベルクリンシステム』は必ずお役に立てます。
搬送物付着落下の画期的対策です。

●搬送効率の向上
●維持管理コストの削減
●環境の改善
おまかせ下さい。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社ダイシン
大阪市中央区南新町1-1-6
TEL:06-6942-7880
FAX:06-6974-7881
Mail:daishin-mail@dc5.so-net.ne.jp
@を半角に変更して下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『ベルクリンシステム』の使用実績③ [ベルクリンシステムの実績]

もう少し画像にてご紹介。。。
『ベルクリンシステム』の設置時の写真です。

『ベルクリンシステム』設置前と設置後のベルト部の写真を撮ってきました。

まずは現状の状態です⇓
現状0.jpg

搬送物がベルトにこびり付いていますね。
クリーナが完全には機能していない状態だと考えられます。
クリーナが摩耗して“すき間”が出来ておりベルト表面の搬送物を完全には落とし切っていません。
この状態でベルトを稼働させていると、落鉱がいたるところでみられると思います。

この状態からまず、クリーナ(スクレーパ)チップの交換を実施しました。
それがこの状態です。
現状2.jpg

この状態でもチップが新しいうちは、搬送物はきれいに除去出来ていると思いますが、
すぐにチップが摩耗して、クリーナの効果はほとんど見られなくなります。

それでは『ベルクリンシステム』を設置し、ベルトがどう変化して行くかを見てみましょう。

『ベルクリンシステム』を設置し、稼働を開始しました。
取り付け後1.jpg

見て下さい↑
『ベルクリンシステム』から噴霧される『ベルクリン液』によって、ベルト表面の汚れが取れて行くのがお判りでしょうか?

取り付け後2.jpg

クリーナ(スクレーパ)との相乗効果でどんどんベルト表面がきれいになっていきます。
この状態を続かせるのが『ベルクリンシステム』なんです。

取り付け後3.jpg
この状態になれば、搬送物のベルト表面へのこびり付きも、ほとんど無くなり、搬送物の落鉱も激減することでしょう。

よって、
①搬送効率の向上
②維持管理コストの削減
③環境の改善
このような効果が得られます。

噴霧するベルクリン液は、1分間で【0.3cc】と極少量ですので、搬送物にも影響を与える事は有りません。
安全データシートもご用意できます。

『ベルクリンシステム』はこのようなところでお役にたちます。
石炭火力発電所/食品・飼料・肥料工場/窯業/鉄鋼・非鉄金属・鋳造業/セメント・生コン工場/採石・鉱山/コークス化学工場/荷役作業などなど、あらゆる現場作業にお勧めいたします。

ベルトコンベアをお使いの企業様! ご検討を!

↓お問い合わせはこちら↓
http://daishin-blcln.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『ベルクリンシステム』の使用実績② [ベルクリンシステムの実績]

『ベルクリンシステム』の使用実績を、もうひとつご紹介いたします。

ご紹介するのは、セメント工場の骨材搬送用ベルトコンベアです。

ベルトコンベアの簡易図としてはこんな感じになります。

コンベア図2.png

測定箇所①と測定箇所②の2ヵ所の落鉱量を測定しました。
『ベルクリンシステム』使用前と使用後の写真となります。

どちらも、測定期間は約1週間です。

測定箇所①.png

測定箇所①は、コンベアヘッドプーリ下にカゴをセットし、通常の状態での落鉱量を測定しました。
約1週間で、カゴは満杯以上になり、20Kg秤では測定できませんでした。
ベルクリンシステムを取り付け後、測定を行った結果、同じ約1週間で、落鉱量は、約1.2kgと大幅に低減しました。


測定箇所②.png

測定箇所②は、コンベアテール側にカゴをセットし、測定箇所①と同じように、落鉱量を測定しました。
テールに近いところですので、ヘッド側ほど、落鉱量は多くありませんが、通常の状態では、約2.8kgの落鉱が計測されました。
次に、ベルクリンシステム取付後に、測定を行った結果、落鉱量は0.6kgとこちらも大幅に低減されたことが確認出来ました。

どうですか? 『ベルクリンシステム』を使用すると、明らかに落鉱量が少なくなっていますね。

落鉱が少なくなると、清掃作業も楽になり、ベルト表面や各ローラーに搬送物が付着するのも軽減され、ベルトの蛇行も起こりにくくなります。
それに、ベルトやローラーの摩耗も減らし、交換周期も延びます。

もちろん装置を使用し続ければこの効果が持続します。

『ベルクリンシステム』
ベルトクリーナ(スクレーパ)との相乗効果により、
現状の落鉱量を90%以上減らします。

『ベルクリンシステム』はこんなところでお役に立ちます。

採石・鉱山/石炭火力発電所/食品工場/飼料・肥料工場/窯業/鉄鋼・非鉄金属・鋳造工場/セメント・生コン工場/コークス化学工場/荷役作業 などなど・・・。

ベルトコンベアをお使いのところであれば、様々な分野でお使い頂けます。

↓お問い合わせはこちら↓
http://daishin-blcln.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『ベルクリンシステム』の使用実績① [ベルクリンシステムの実績]

『ベルクリンシステム』とは、どんなものか?について説明してきましたが、では次に、『ベルクリンシステム』の使用実績について、具体的に説明致します。

『ベルクリンシステム』は、最新のテクノロジーを駆使して開発されたまったく新しいベルトコンベア搬送物付着防止&保護装置です。
『ベルクリンシステム』は、ベルトコンベアのベルト表面に、ベルクリン液をミスト状に噴射することによって、強力な保護被膜をつくり、搬送物が付着することを防止します。

この写真は、『ベルクリンシステム』の使用中及び使用中止後のベルトコンベアの写真です。

使用前後1.png

明らかに、搬送物がベルトに付着しているのが見えますね。
この状態で落鉱量も多くなっていることでしょう。

次の写真は、鋳造工場のベルトコンベアです。

使用前後2.png

左の写真はスナップローラ部へ鋳砂が付着しています。
これでは、ベルトの片寄りや蛇行が考えられ、落鉱量も多くて大変です。
それが『ベルクリンシステム』を使用後には右の写真のように、鋳砂の付着が大幅に改善されています。

次に同じ工場での落鉱量の比較写真を見てみましょう。

使用前後3.png

左の写真は、スナップローラ下の鋳砂落下状況を写したものです。
約1日(7.5時間)稼働後の状態です。
これを毎日掃除するのは大変です。

右の写真は、『ベルクリンシステム』を使用し、14時間経過した状態です。
ほとんどと言って良いくらい落鉱量が低減されています。
これなら掃除に手間も掛かりませんよね。

実際にこのコンベアでは、毎日、作業終了後、約20分間の清掃作業を行っていましたが、
『ベルクリンシステム』設置稼働後は、1週間に一度、約10分間の清掃で良くなりました。

また、年間約9トンも有った鋳砂の落下が、約22kgに減少しました。 ヽ(^o^)丿

『ベルクリンシステム』をお使い頂いていればこの状態が持続しますので、その費用効果も大きいものがあります。
もちろん、ベルトクリーナ(スクレーパー)との相乗効果ですので、そこのメンテはお忘れなく。。。


『ベルクリンシステム』はこんなところでお役に立ちます。

採石・鉱山/石炭火力発電所/食品工場/飼料・肥料工場/窯業/鉄鋼・非鉄金属・鋳造工場/セメント・生コン工場/コークス化学工場/荷役作業 などなど・・・。

ベルトコンベアをお使いのところであれば、様々な分野でお使い頂けます。

↓お問い合わせはこちら↓
http://daishin-blcln.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

④『ベルクリンシステム』って、ナニ? [ベルクリンシステムとは?]

もう少し『ベルクリンシステム』の秘密をご紹介致します。

『ベルクリンシステム』のメカニズムをご紹介しましたが、次に、『ベルクリンシステム』の仕様についてご説明いたします。

装置マンガ図.jpg

ベルクリン液をベルトに付着させるために、図のような装置を作りました。

ベルト幅に応じて、スプレーノズルを設置し、ポンプ装置タンクに入れたベルクリン液をごく少量噴霧させ、ベルト表面に保護被膜をつくります。
噴霧量は0.3cc~1.0cc/min(搬送物による)とごく少量ですので、搬送物にもやさしく、人体や環境にも悪影響を与えません。

『ベルクリン液』をコーティングすることにより、ベルトも長持ちさせるので、補修費も削減出来ます。


これでほんとにベルト表面に搬送物が付着しにくくなります。

世の中にある、一所懸命付着物をとるシステムではなく、付着しにくくさせるシステムなんです。

クリーナ(スクレーパー)との相乗効果ですので、そこもお忘れなく。。。


↓お問い合わせはこちら↓
http://daishin-blcln.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01






nice!(0)  コメント(0) 

③『ベルクリンシステム』って、ナニ? [ベルクリンシステムとは?]

次に『ベルクリンシステム』の秘密にせまりたいと思います。

ベルトコンベアに搬送物を付着させないと言いましたが、実際にどうするの? ですよね。

その秘密をお教えいたします。

『ベルクリンシステム』とは・・・

●ベルト表面に特殊な離型性の液(ベルクリン液)をコーティングすることにより、クリーナ(スクレーパー)で搬送物を落としやすくします。

●ベルト表面に付着したベルクリン液が各ローラにも転写していくので、ローラーやクリーナ(スクレーパー)もコーティングされ居着きを少なくし、ベルトの蛇行を防ぎ、ベルトそのものの寿命も延びます。

●そして、その効果を持続させるのが『ベルクリンシステム』です。


説明だけ読んでもよく判りませんよね。。。w

では、『ベルクリンシステム』のメカニズムを簡単なイラストでご紹介します。

『ベルクリンシステム』のメカニズム
blclnsystem1.jpg

このようにして、ベルト表面に搬送物が付着しにくくなります。

世の中にある、一所懸命付着物をとるシステムではなく、付着しにくくさせるシステムなんです。

クリーナ(スクレーパー)との相乗効果ですので、そこもお忘れなく。。。


↓お問い合わせはこちら↓
http://daishin-blcln.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

②『ベルクリンシステム』って、ナニ? [ベルクリンシステムとは?]

『ベルクリンシステム』は、今までの付着物をどう除去するかではなく、付着しにくくさせるという画期的なシステムです。

ベルトクリーナ(スクレーパー)との相乗効果により、現状の落鉱量を80%以上削減します。

それに、搬送物がコンベアに付着しにくいので、ベルトクリーナ(スクレーパー)の寿命も延び、ベルトの蛇行も防げ、搬送物がリターン側で落下したり、付着したまま再搬送することも防止するので、時間当たりの搬送量も実質アップします。

落下物が減るので、清掃作業やメンテナンスに掛かる時間も大幅に低減出来ますので、コスト削減効果もバッチリです。
作業者の負担も軽減できます。


『ベルクリンシステム』はこんなところでお役に立ちます。

採石・鉱山/石炭火力発電所/食品工場/飼料・肥料工場/窯業/鉄鋼・非鉄金属・鋳造工場/セメント・生コン工場/コークス化学工場/荷役作業 などなど・・・。

ベルトコンベアをお使いのところであれば、様々な分野でお使い頂けます。


↓お問い合わせはこちら↓
http://daishin-blcln.blog.so-net.ne.jp/2017-07-01


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -